ニオログ

ニオイの総合コンサルタント
ハル・インダストリの情報ブログ

2018.05.28

事例紹介

夏祭りの金魚をキッカケに「熱帯魚・復活」/ 熱帯魚暦16年スギヤマさんの事例

ハル・インダストリではお客様の使用例をどんどんご紹介していく予定です!Vol.1は弊社の消臭剤「エアソフィア・ハイパー」をSNSでご紹介してくれた熱帯魚ユーザーの「スギヤマさん」のお話をご紹介。ストーリー仕立てでスギヤマさんが弊社消臭剤と出会った経緯をお伝えします!

 


■夏祭りの金魚をキッカケに「熱帯魚・復活」/ 熱帯魚暦16年スギヤマさんの事例

夏祭りの金魚が「熱帯魚・復活」のキッカケだった。子どもがすくってきた金魚を飼うため、熱帯魚飼育の知識を生かしてセッティングしたところ、家族がすごく喜んだ。それをきっかけに、さらに、さらに…、と水槽が大きくなり、気がつけば昔の趣味が復活していた。きちんと世話もするし、生き物を大切に扱うので認めてくれてはいたが、新築を機に状況は一変する。

「臭うんだけど…」

朝一番の嫁の一言で、熱帯魚飼育存続の危機が訪れる。「ニオイの問題を解決しなければ、やめてもらう」とキツく言われた。悩んでいたそのときにドラッグストアで見つけたのが「エアソフィア・ハイパー 消臭ビーズ」だった。見れば「魚工場で使われている」と書かれているではないか! 自分には気にならない「水槽のニオイ」に対してどれほどの効果があるのか…。不安ではあるが試してみる価値はある。大きいサイズの600gを1つ購入し、ニオイの元である水槽の下に忍ばせておいた。

 

翌朝、嫁からの挨拶「臭いんだけど…」が無かった。正直、半信半疑であったが、その効果に驚いた。まさかと思ったが、置いてから怒られなくなった。「やった! これで続けられるぞ!」ニオイの問題も解決し、のびのびと趣味を楽しめる喜びを感じながら、日々熱帯魚の世話を続けていた。

そんなある日、「臭うんだけど…」朝一、嫁が言い放った。

「なぜ?」「効果が無かったのか?」不安になりながら水槽の下を覗いてみると…、そこには空になった容器が1つ置いてあった。嫁に言わせれば「他人も招き入れる大切な家」。水槽のニオイで不快に思われるのが嫌だったようだ。僕も同じく、大切な熱帯魚を「臭い」と思われて嫌いになってほしくない。

ニオイの問題が解決したことにより、今日も家族との楽しい時間を過ごせている。


いかがでしたでしょうか?自分では気が付きにくい「ニオイ問題」を家族の意見で気がついて改善したわかりやすい使用事例だと思います!熱帯魚ユーザーさんはもちろんのこと、ペットを飼っている方などはご参考になると思います。もしかしてニオイに気づいていないかも?と思うあなた!一度、ご家族やご友人に意見を聞いてみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする