ニオログ

ニオイの総合コンサルタント
ハル・インダストリの情報ブログ

2018.06.15

誕生秘話

ニオイを消せる「消臭剤」の誕生

消臭剤なんてどれも同じ、そんな風に思っていませんか?

例えば、ドラッグストアなどの量販店を覗いてみると、「芳香剤」「脱臭剤」も含めて「消臭剤」として並んでいます。現在では一般的な用語として使われるようになった「消臭」という言葉ですが、以前は辞書にも載っていない言葉でした。

実はこの「消臭」という言葉、当社の松浦令一(代表取締役)とある新聞記者との対話のなかで誕生した比較的新しい言葉です。

昭和58年の夏のこと、周辺住民からの苦情に悩むある水産加工工場の悪臭対策のために開発した液剤・装置が完成し、プレス発表を行いました。その効用を聞いて訪れた新聞社の取材のなかで生まれたのが「消臭」という言葉なのです。

液剤を噴霧するとそのエリアの悪臭が消える。別の香りでニオイをマスキングする「芳香剤」でもなく、別の物質にニオイを吸着させる「脱臭剤」でもない。ニオイが確かに消えている。それならば、「臭い」を「消す」と書いて、「消臭」と名付けるのはどうか。

そんなやり取りを経て、新聞に掲載され「消臭」という言葉が誕生しました。

それ以来、ハル・インダストリは「消臭」のパイオニアとして、工場や商業施設をはじめ、様々な場面でのニオイ対策に携わってきました。ご家庭においても、ペットの飼育や介護など、ニオイの悩みは日常生活のなかに数多く潜んでいます。そんなニオイの悩みの一つ一つに寄り添って解決していくのが、「消臭剤」メーカーである当社の役割ではないかと思っています。

他の香りでごまかさず、ニオイを元から消してしまう「真無臭」の快適環境、あなたも体験してみませんか?

この記事をシェアする