真無臭-ニオイを消すという事-

真無臭-快適な空間には「真無臭」が必要です。-

「真無臭」とは

 ハル・インダストリが目指す「真無臭」とは誰もが「ニオイ」を感じない空間です。

たとえ良い香りでも、それが万人に受け入れられるとは限りません。ハル・インダストリはニオイを香りで覆い隠す”マスキング”やニオイ成分を物理的に吸着する”脱臭”などの手法ではなく、ニオイを科学的に分解・消臭して得られる「真無臭」こそ、誰もが快適に感じる空間に不可欠であると考えます。

「真無臭」というおもてなしをいつでも。どこでも。

 「ニオイ」はあらゆる場所で常に発生し続けています。屋内の閉ざされた空間の中で無臭状態を維持するためには、決められたルールにのっとって消臭という行為を継続する必要があります。
 それは部屋の中を毎日掃除するのと同じこと。
「真無臭」という状態を習慣として位置づければ、常に「真無臭」で快適な空間を維持することができるはずです。

 現在社会において「ニオイ」をケアすることは、心身共に健康的で快適な環境を維持する上で欠かせない要素です。


消臭原理

100%植物由来の消臭成分

ハル・インダストリの消臭剤の主な原料は、樹木エキスです。
100%植物由来の消臭成分で作られており、
天然成分による高い安全性を基に真の無臭空間を実現しています。

ニオイの元を分解消臭

ニオイを香りで覆い隠す“マスキング”などの手法ではなく、
ニオイを化学的に分解消臭。
ニオイの元に直接作用し、快適空間を作り出します。

  • ● 主原料は安全性の高い樹木エキス
  • ● 10種類以上の樹木エキスを独自の手法で精製・ブレンド

消臭原理(クイックカット)

クイックカット消臭液にはポリフェノール化合物が種類・量とも多く含まれています。このポリフェノール化合物の水酸基(-OH)を介して、各種のニオイ成分とクイックカットの植物中に含まれる悪臭分解物質が化学的に反応し、消臭効果を発揮します。
例えば、タバコやし尿のニオイの元となるアンモニア(NH3)は水酸基(-OH)と結びつきやすい性質を持っています。クイックカットはこの性質を利用し、ポリフェノール化合物の水酸基と結合させることで、悪臭物質であるアンモニアに対して消臭効果を発揮します(一般的にニオイ物質の分子量が大きくなると臭気強度は弱まる傾向にあります)。
クイックカット

各種ニオイ物質に対する消臭効果測定

1) メチルメルカプタンにおける消臭効果(残存率の測定)

スタート時のメチルメルカプタン量を100%としたときの残量を%で表示。

● メチルメルカプタンとは…
腐った玉ねぎのようなニオイがする代表的な悪臭物質。

2) アンモニアにおける消臭効果(残存率の測定)

スタート時のアンモニア量を100%とした残存量を%で表示。

● アンモニアとは…
し尿臭、刺激臭のある物質。動物の排泄物などの分解、腐敗によって発生する。。