事例紹介

非日常をお届けする宿だからこそ
無臭という”おもてなし“にこだわりたい。

この記事をシェアする

非日常をお届けする宿だからこそ<br />無臭という”おもてなし“にこだわりたい。

大海原を望む絶景のロケーションと、地場食材をふんだんに使ったお料理や露天風呂を楽しめる「熱海玉の湯ホテル」さま。

温かみのあるおもてなしが老若男女の心をつかみ、半世紀以上親しまれているお宿です。

今回は、非日常を提供するホテルだからこそのニオイへのこだわりや、弊社商品を使い続けてくれる理由などをお伺いしてきました。

話し手
熱海玉の湯ホテル
静岡県熱海市渚町
設備担当 長屋 正人さま

インタビュアー
株式会社ハル・インダストリ
清水 優佑

あらためて、熱海玉の湯ホテルさまがどんなお宿なのかお聞かせください

長屋:客室の窓を開けると、すぐそこに相模湾を望めます。一面に広がる大海原と、そこに浮かぶ初島や伊豆大島の稜線は、いつ観ても心が和みます。

かもめや船着き場を出入りする船など、港町風情も見どころのひとつです。

また、訪れたらぜひ体感してほしいのが、大迫力の朝焼けと夕焼けです。あたり一帯が赤く染まり、どこか幻想的な雰囲気に。

こうした景色はお部屋からはもちろん、屋上の露天風呂からも一望できます。地下には源泉かけ流しの大浴場もございますので、温泉でゆっくりするのもおすすめです。

地元の海の幸を中心とした料理も自慢です。お食事をお目当てに来られるお客様も多いですね。

一番人気は「金目鯛の丸1匹+黒豚しゃぶプラン」。大きな金目鯛の煮付けを、お一人様一匹ずつご用意させていただいています。

景観、お料理、お風呂、どれも魅力的です……!そういえば、熱海は海上花火も有名ですよね。

長屋:はい、春・夏・秋・冬で年10回程開催しています。当ホテルはお部屋から花火を観られるため、花火時期は大賑わいです。

夏は屋上を開放するので、夜空の下で潮風を全身で感じながら楽しむこともできます。毎年ご予約されるお客様も多いですよ。

今はコロナ禍で休止中ですが、落ち着いたら再開予定ですので、楽しみにしていてほしいと思います。

部屋食サービスだからこそ、快適空間にこだわりたい

ニオイに関してどのような悩みを抱えていましたか?

長屋:主には客室に残ってしまうニオイです。どのお宿さんもそうだと思いますが、くつろぎの場を提供する以上、ニオイには細心の注意を払う必要があります。

実は当ホテルでは、夕食・朝食ともに部屋食でご提供しています。この点を気に入ってリピートしてくださるお客様はとても多いのですが、食事のニオイが部屋に残ってしまうのが悩みでした。

なかでも課題だったのが朝食です。朝ごはんには地元の干物をご用意し、お客様自身で焼いていただき、焼きたてを楽しんでいただくスタイルをとっています。

当ホテルの名物にもなっていますが、焼き魚のニオイは残りやすいもの。次のお客様がチェックインするまでに、ニオイをとるのが大変でした。

清水:なるほど、部屋食だからこそのお悩みですね。

長屋:そうですね。お食事中のお料理の香りはいいものですが、それを残してはいけません。部屋食だからこそ、ニオイのない快適空間にこだわっています。

全客室に消臭ビーズを完備してニオイ問題を解決

お付き合いを始めて6年ほどになりますが、それ以前はどんなニオイ対策を?

長屋:市販の消臭剤をいろいろ試していましたが、満足いくような効果は得られませんでした。香料がついたものも多いので、部屋食の当ホテルでは使いにくかったり……。

なので、窓を開放して換気するなどして、できる限りニオイがこもらないようにしていました。

現在はどのように弊社商品を使ってくださっていますか?

長屋:すべての客室に消臭ビーズを置いています。それぞれの客室の居間とトイレに1つずつです。

当ホテルは3〜9階が客室になっており、1フロアに8〜9部屋あります。今はコロナ禍で客室を制限していますが、基本的には全客室、ハル・インダストリさんの商品で無臭化するのが慣習になっています。

そのほか、フロアの廊下と共有トイレにも設置。ニオイ対策をしたい場所のほとんどに、使わせていただいています。

ありがとうございます。使ってみての効果はいかがでしょうか?

長屋:おかげさまで、御社の商品を使わせていただいてから、ニオイのクレームがほぼ皆無に。大きな効果を実感しています。置いておくだけなので、ニオイ対策をしていることを忘れてしまうくらいです。

しかし、やはり消臭ビーズがあるのとないのとでは違います。

以前、トイレのニオイが気になるなと思って消臭ビーズを見たら空になっていたことがあり、あらためて消臭力のすごさを感じました。

消臭ビーズはおもてなしに欠かせない存在

消臭効果のほかに、弊社の商品を使い続けてくださる理由があったら教えてください。

長屋:はい、まずは管理のしやすさです。ひと目で減り具合を確認できるので、補充のタイミングがわかりやすくていいですね。詰め替え自体も楽なので、スタッフに負担がかかりません。

効果があっても、スタッフの負担になるものはなかなか使い続けられないもの。我々のように部屋ごとに管理しなければならないケースでは、とくに大きな利点です。

あと、サイズが小ぶりな点もいいですね。客室の雰囲気を妨げませんし、トイレなどの狭い空間にも無理なく置けます。

また、購入は2〜3ヶ月に1度のペースでOKなので、コスト面でも満足です。注文するとすぐに配送してくださり、とても助かっています。

さきほど言ったように、以前はいろいろな消臭商品を試していましたが、御社の商品に出会ってからは、すっかり定着しました。

消臭ビーズは今や、当ホテルのおもてなしに必要不可欠な存在です。これからも使い続けていきたいと思っています。

担当者の声

玉の湯さまは観光で宿泊される方が多いため、非日常の空間を楽しんでいただく目的で、弊社の消臭剤をご活用いただいております。

味覚は「舌で感じるもの」以外に、「香り」「見た目」「その場のシチュエーション」「感情」でも感じ方が変化するもの。

お料理を最大限楽しんでもらうためにも、余計なニオイが混ざらない環境づくりをおすすめしています。

ホテル・旅館など、宿泊業のお客様に数多くご利用いただいておりますが、導入の決め手として共通しているのは、「宿泊される”すべて”のお客様に適した環境づくりができる」というものです。

お香やアロマディフューザーなどで演出される施設さまもいらっしゃいますが、香りには好き嫌いがあるため、とくに客室内は無臭の環境を保たれていることがほとんどです。

この記事をシェアする