ハルタイムズ

ニオイの総合コンサルタント
ハル・インダストリ|ニオイの情報ブログ

公開日:2023.12.22 / 最終更新日:2024.01.22

キャンピングカーの臭う原因は?ニオイ対策と消臭剤の使い方を伝授

キャンピングカーニオイ対策アイキャッチ

キャンピングカーは、車中泊や車内で食事が楽しめることから、近年人気が高まってきています。
しかし、キャンピングカーは普通の車と比べて、車内で過ごすための設備が充実しているため、車内で過ごす時間が長くなります。
車内が狭く、密封された空間であるため、ニオイが気になるという方も多いと思います。
キャンピングカーのニオイは、ニオイの原因を理解し、適切な対策を実施することで、ニオイを防ぐことができます。
また、消臭剤を併用することで、より効果的にニオイを抑えることができます。

キャンピングカーのニオイの原因とは?

湿気、悪天候時の衣類、トイレ、ペット臭、掃除不足。
これらがキャンピングカーのニオイの主な原因です。

キャンピングカーで調理をしたときのニオイ

キャンピングカーでキャンプに出掛ける楽しみのひとつに、その土地の特産物を食べる楽しみがありますね。
地方のスーパーや道の駅で購入すると、家での準備とは異なり、ゴミが増えることがあります。
基本的にゴミは持ち帰るため、野菜や魚、肉を処理する皮などの生ゴミや、プラスチックの食品トレーからはニオイが発生することがあります。

キャンピングカーの湿気やカビのニオイ

キャンピングカーは、ベッドで就寝することができますが、その半面、車内に湿気が溜まりやすいことがあります。
悪天候の際には、濡れた衣類や靴を車内に置くことで、湿気が溜まり、結露などが生じる可能性があります。
湿気対策や通気性の確保など、さまざまな工夫が必要です。

キャンピングカーのトイレのニオイ

キャンピングカーを購入する際に、トイレやシャワーを搭載するかどうかを選択することができます。
しかしこうした設備を搭載する場合、掃除と汚水処理の方法によっては、車内に不快なニオイが充満してしまうことがあります。
走行中にそれらのニオイが充満し、車酔いなどの症状につながってしまうことも。
トイレを設置するならば、 適切な掃除・汚水処理の工夫が必要となります。

犬などのペットのニオイ

キャンピングカーを利用する理由の一つに、犬などのペットと一緒に旅行をしたいということがあると思います。
ただし、犬種によってはたくさん毛が抜けて獣臭がしたり、エサやトイレのニオイが気になることもあります。

キャンピングカーのニオイ対策

車内のニオイが気になると、車酔いなどの症状につながってしまうこともあります。
ニオイ対策をし、車内を快適な空間にしましょう。

調理などのニオイ対策

ゲル画像

キャンピングカーの車内にはキッチンがあり、冷蔵庫や電子レンジも備え付けられている場合もあります。
調理時にはゴミが発生します。
調理のニオイ対策で重要なのは、食材のゴミが出ないように下処理をしていくことです。
ただし、長時間の移動中や、どうしても現地で食材を調達するのであれば、生ゴミは必ず新聞紙に包んで、ニオイが漏れないビニール袋やジプロックなどの密封できる袋に入れてからゴミ箱に捨てるとニオイ対策に効果的です。

キャンピングカーの湿気やカビのニオイ

朝起きたときは、寝具をボンネットの上などで天日干しし、湿気を逃すようにしましょう。
寝汗によって湿気を多く含んだマットレスはカビ菌の温床の原因になります。
ニオイだけでなく健康被害になることも。

調理や朝の活動の際には、換気扇があれば活用して空気の入れ替えを心掛けましょう。
もし換気扇がない場合は、窓を複数開けて扇風機を回して湿気を逃すことが重要です。

窓や車内に結露がついたら、早めに乾いたタオルで拭いて乾かすことが必要です。
湿気が残るとカビの発生リスクが高まります。
また、一度着用した雨や雪で濡れた衣類は、窓の近くや車外に干して湿気を取るようにしましょう。
靴は新聞紙で湿気を吸わせ、定期的に取り替えることで悪臭やカビの発生を防ぐことができます。

キャンピングカーのトイレのニオイ

トイレニオイ対策

キャンピングカー専用のトイレには、タンクに専用に消臭剤(バイオ系や介護用)を入れるなど使用方法を適切に守るようにしましょう。
トレイ使用後は、できる限り早めの処理をすることでニオイの軽減となります。
トイレ使用中、使用後には換気扇を回し、使用後に 消臭スプレーをするなどしてニオイ対策をするようにしましょう。
ニオイ対策として、トイレの便器のそばに消臭剤を置いておくとよいでしょう。

キャンピングカーの中の獣臭

キャンピングカーで出掛ける前に、犬のシャンプーをして、いつもよりブラッシングを多めにしておくことで、車内での抜け毛を少なくすることができます。
犬は車内を動くため、ソファーやカーテンなどの布製品に抜け毛がつきニオイが発生します。
抜け毛に気が付いたら、コロコロなどを使って取り除くようにしましょう。
犬のトイレシートは多めに持っていき、こまめに取り替えるようにしましょう。
オムツができる犬であれば、オムツの使用がオススメです。
犬のエサはすぐに片づけて、エサが飛び散ってしまった場合は、掃除をするようにしましょう。

キャンピングカーで快適に過ごすためには?

車内のニオイ対策は、換気が必要不可欠。
長時間換気をするよりも、2時間に1回程度、5〜10分こまめに換気を心掛けましょう。
消臭剤を使用する場合は、成分や香りを気にして使用するようにしましょう。

キャンピングカーの中の換気の重要性

車内を快適に過ごすためには、調理中やシャワーやトイレの使用時、ペットのトイレ後、起床時など常に換気を心掛けましょう。
空気の入れ替えをすると、新鮮な空気を車内に入れると同時にニオイ対策もできるため、一石二鳥。
換気扇を回す際は、換気扇から離れた窓を開けると車内全体をしっかり換気できます。

消臭剤の効果的な選び方

車ドリンクホルダー消臭剤

キャンピングカーは狭い空間に長時間いることが多いため、消臭剤を選ぶときは、無香料タイプで天然由来成分のものがオススメです。
香り付きの消臭剤は、調理のニオイと混ざると不快なニオイが発生したり、ペットに危険なアロマも存在するので、十分な注意が必要です。

消臭剤は、車内に置く置き型タイプと即効性がある消臭スプレータイプがあります。
どちらも準備しておくとよいでしょう。
更に置き型タイプは強くニオイが発生するゴミ箱のそばやトイレのそばなど複数個用意することにより、車内が快適に過ごせるようになります。

キャンピングカー内のニオイ環境を快適に

普段はあまり車酔いしにくい人でも、車内のニオイを嗅ぐことで酔いやすくなることがあります。
2022年5月にハル・インダストリと日本トレンドリサーチで行った車のニオイトラブルに関する共同調査で、車酔いをしたことがある人のうち62.3%がニオイが原因で酔ったことがあると回答しました。

「エアコン」「たばこ」「調理臭」「ゴミ」「ペット」ニオイの原因は、さまざまです。

換気だけではニオイが取り切れないときは、消臭剤でニオイを抑えましょう。
好きな香りの消臭剤を設置するのもいいですが、ニオイの組み合わせによっては不快なニオイになってしまう場合もあります。
最初は良い香りに感じていても、長時間嗅いでいると気持ち悪くなってしまうことも。
車内のニオイ対策には、無香料の消臭剤がオススメ。

ハル・インダストリの消臭剤は車内にぴったりです。

100%植物由来の消臭成分を使用している上に無香料。
10種類以上の植物から抽出した成分を独自の手法で生成・ブレンドして、高い消臭力と安全性を両立しています。
小さなお子さまやペットがいる方、家族みんなが安心して使えます。

ハル・インダストリの消臭剤で真無臭を体感してみませんか?

おすすめ記事

 車酔い 消臭剤アイキャッチ

この記事をシェアする