ハルタイムズ

ニオイの総合コンサルタント
ハル・インダストリ|ニオイの情報ブログ

公開日:2024.06.13 / 最終更新日:2024.05.30

テントのニオイが気になる季節に使いたい消臭剤の選び方を伝授!

テントニオイ対策アイキャッチテントが臭いと、せっかくのアウトドアも台無し。湿気やカビ、食べ物のニオイ…テントにはさまざまなニオイが潜んでいます。
「消臭剤を使えばいいんだけど、どれを選べばいいの?」
そんなあなたに朗報です!この記事では、テントのニオイ対策に役立つ消臭剤の選び方を伝授。消臭剤を選ぶためのポイントを分かりやすく解説します。さらに、オススメの消臭剤もご紹介します。
今年のキャンプは、ニオイの悩みから解放されて、快適な時間を過ごしましょう!

テント内のニオイの原因

テント画像

せっかくのキャンプなのに、テントが臭いと台無し。
一体どこからニオイが発生しているのか?原因を突き止めれば、対策もバッチリ!快適なキャンプ空間を作るために、必見です!

テントが臭う原因とその特徴

湿気
雨や露などの水分がテント内にたまり、カビや菌が繁殖します。カビや菌は、じめじめとした環境を好むため、湿気の多い梅雨時期や雨天のキャンプではとくに注意が必要です。

【特徴】
・土臭い、カビ臭いニオイ
・テント生地に黒い斑点やカビが生えている
・テント内がじめじめしている


人間の汗や吐息などがテント内にこもり、ニオイの原因になります。とくに、夏場のキャンプでは汗をかきやすく、ニオイが発生しやすいです。

【特徴】
・酸っぱい、体臭のようなニオイ
・テント内が蒸れている
・寝袋やマットも臭っている

汚れ
土やホコリ、ペットの毛などがテント内にたまり、嫌なニオイの原因になります。汚れは、テント生地に付着するとカビや菌の繁殖にもつながります。

【特徴】
・土埃臭い、ペット臭いニオイ
・テント生地が汚れている
・テント内に虫が発生している

テント生地
テントの素材自体が臭うことがあります。とくに、新品のテントや、ポリウレタンコーティングされたテントは、独特なニオイがあります。

【特徴】
・新品のテント特有のニオイ
・ゴムのようなニオイ
・テント生地を触るとニオイが手に付着する

燻製や焚き火など
キャンプの楽しみの一つである燻製や焚き火の煙は、テント内にこもるとニオイの原因になります。

【特徴】
・燻製の煙のようなニオイ
・焚き火の煙のようなニオイ
・テント生地に煙が付着している

テントのニオイを解消する方法

せっかくのキャンプなのに、テントのニオイが気になる…なんて経験ありませんか?
ニオイの原因はさまざまですが、消臭と予防を組み合わせることで快適な空間を作ることができます。

消臭剤を使用する前にできること

テント内を換気すること
テントのニオイ対策の基本は、換気です。テント内に空気の流れをつくり、湿気や汗などのニオイの原因となる物質を外部に排出することで、ニオイの発生を抑えることができます。
テントを設営したら、まず換気を行いましょう。とくに、雨上がりや湿気の多い日は念入りに換気してください。テント内で食事をしたり、長時間過ごしたりする場合は、こまめに換気を行いましょう。
テントを撤収する前に、しっかりと換気を行い、湿気を残さないようにすることでニオイ予防に繋がります。

【季節や状況に応じた換気】
・春・秋:虫が多く発生する季節には、虫よけネット付きのテントを使用したり、虫除けスプレーを併用したりして、虫対策を忘れずに。

・夏:気温が高く、湿度も高い夏は、熱中症対策も重要です。換気扇や扇風機を使って、風通しを良くしましょう。

・冬:冬は結露が発生しやすいので、換気扇やサーキュレーターを使って、テント内の湿度を下げましょう。

テント内を掃除すること
テントを設営する際は、車からキャンプグッズを出し入れしたり、テントを地面に置いたりするため、テント内は思っている以上に土やホコリで汚れています。
また、ペット連れの場合は、犬の毛などのペット特有の汚れも付着。 これらの汚れは、そのまま放置すると、カビや菌の繁殖の原因となり、悪臭を発生させてしまいます。
そのため、テント設営後、テント内を掃除することが大切です。

【掃除のポイント】
・テントの素材によっては、水拭きができない場合があります。事前にテントの取扱説明書を確認してください。
・汚れがひどい場合は、中性洗剤を薄めた水を使って拭き掃除してください。
・洗剤を使った場合は、洗剤が残らないようにしっかりと水拭きしてください。
・テント内を乾燥させるには、天日干しするか、扇風機やサーキュレーターを使って風を当ててください。

テント内に保管する食品を密閉する
玉ねぎや生ものなど、ニオイが出やすい食品を保管すると、テント内にニオイが染み付いてしまいます。また、食品のニオイは、虫や動物を引き寄せる可能性があります。
食品は密閉容器を活用しましょう。密閉容器を使用することで、食品のニオイを閉じ込めることができます。生鮮食品や腐敗しやすい食品は、クーラーボックスに入れて冷蔵保存しましょう。食品のゴミは、放置せず、すぐに適切に処理することが大切です。
テント内の食品を適切に管理することで、ニオイの発生を抑えるだけでなく、衛生面でも安全なキャンプを楽しむことができます。

テントの下に防水シートやマットを敷く
愛するテントが快適な空間になるためには、テント本体だけでなく、地面との接点も重要な役割を果たします。地面からの湿気やニオイ、汚れを防ぐために、テントの下に防水シートやマットを敷くことをオススメします。

【防水シート・マットの役割】
・地面からの湿気・ニオイを防ぐ:地面からの湿気は、テント内をじめじめさせ、カビや菌の繁殖の原因となります。防水シートやマットを敷くことで、地面からの湿気を遮断し、テント内を快適に保ちます。

・地面からの冷気・熱気を防ぐ:地面からの冷気や熱気は、テント内の温度を大きく変化させます。防水シートやマットを敷くことで、地面からの冷気や熱気を遮断し、テント内の温度を快適に保ちます。

・地面の凹凸を平らにする:地面の凹凸は、寝心地を悪くしたり、テント底を傷つけたりする可能性があります。防水シートやマットを敷くことで、地面の凹凸を平らにし、快適な睡眠環境を作ることができます。
・テント底を保護する:地面の汚れや鋭利な物からテント底を保護することができます。

消臭剤を使う

消臭ミスト画像

テントが臭いと、せっかくのアウトドアも台無しです。換気や掃除、食品管理などの対策に加えて、 消臭剤を適切に使用することで、効果的にニオイを消すことができます。
テントのニオイ対策では消臭スプレーと置き型消臭剤を併用するのがオススメです。スプレーで広範囲に消臭し、置き型消臭剤で継続的に消臭効果を維持しましょう。

【消臭剤を使用する際の注意点】
・テントに消臭剤を使用する際は、以下の点に注意しましょう。
テント素材に直接かけない:テント素材に直接消臭剤をかけると、素材の劣化や変色の原因となる場合があります。
・香料に注意する:香料付きの消臭剤は、テントに香りを残してしまう可能性があります。無香料タイプの消臭剤を使用することをオススメします。
・風通しの良い場所に置く:消臭剤を効果的に拡散させるために、風通しの良い場所に置きましょう。

テントの消臭剤の選び方や効果的な使い方

消臭剤画像

テントのニオイ、気になりますよね。せっかくの楽しいキャンプが台無しに…なんてことにならないように、消臭剤を活用しましょう!テントの消臭剤の選び方や効果的な使い方を徹底解説します。

重視すべきポイントと注意点

成分の安全性
テントの消臭剤は、狭いテント内で使用するものです。そのため、人体に有害な成分が含まれていないか確認することが重要です。消臭剤を購入する前に、必ず成分表示を確認しましょう。人体への影響が少ない天然成分の消臭剤を選ぶことをオススメします。小さなお子様やペットがいる場合は、より安全性に配慮した消臭剤を選ぶ必要があります。

持続性
消臭剤には、それぞれ持続時間があります。持続時間は、消臭剤の種類や使用量、テント内の環境などによって異なります。スプレータイプの消臭剤は、持続時間が短い傾向があり、置き型の消臭剤は、スプレータイプよりも持続時間が長い傾向があります。長期間のキャンプを行う場合は、持続性の高い消臭剤を選び、定期的に補充することで、快適な空間を保ちましょう。

テントに使える消臭剤の種類と使い方

テント画像

スプレータイプ
スプレータイプの消臭剤は、手軽に利用できるというメリットがあります。テント内に噴射するだけで、広範囲に消臭効果を発揮することができます。

メリット:手軽に使える、広範囲に消臭効果を発揮できる
デメリット:持続時間が短い、天井や壁に直接かけるとシミになる可能性がある

置き型タイプ
置き型消臭剤は、置くだけで消臭効果を発揮するので、手間がかかりません。スプレータイプの消臭剤よりも持続時間が長い傾向があり、テント内の空気循環を利用して、広範囲に消臭効果を発揮するというメリットがあります。テント内で倒してしまわないように、安定した場所に置くことに注意しましょう。

無香料・天然由来タイプ
テント内は狭い空間なので、消臭剤の香料が気になる方もいるでしょう。そのような場合は、無香料・天然由来タイプの消臭剤を選ぶことをオススメします。

メリット:香料による刺激がない、小さなお子様やペットがいるご家庭でも安心、アレルギー体質の方でも使いやすい

次回のキャンプを快適に過ごすために、テントを撤収する前に、 除菌シートなどでテント内全体を拭き取り、汚れや雑菌を除去するのがオススメです。また、撤収時に晴れていれば、テントを干して湿気をとっておきましょう。

あなたにぴったりの消臭剤を見つけて、快適なキャンプを楽しもう!

キャンプシーズン到来!愛するテントで過ごす時間は、格別ですよね。しかし、せっかくの楽しいキャンプが、テントのニオイで台無しになってしまったら残念です。

消臭剤を使用しても香料タイプの消臭剤を使用すれば、ニオイが混ざってかえって嫌なニオイになる可能性もあります。
ハルの消臭剤は無香料で他の香りと混ざる心配はいりません。 100%植物由来の消臭剤成分で安心して使用もできます。
さらに消臭効果は高い評価をいただいています。

テントの消臭でオススメのハルの消臭剤

消臭剤一覧画像

除菌消臭ミスト
ハルの除菌消臭ミストは、布製品のニオイ対策に効果的です。テントだけでなく、靴や衣類のニオイ対策としても活用できます。さらに、消臭だけでなく、一般細菌や真菌(カビ)の除菌(※1)やインフルエンザウイルスの不活化(※2)が証明されています。
除菌消臭ミストを活用してテントのニオイ対策を行いましょう。

※1…株式会社ユニオンバイテック No.13-030550
※2…日本食品分析センター 第10002551001-01号



消臭ドライスプレー
消臭ドライスプレーは、靴やカーペットなどにオススメです。除菌消臭ミストではミストが乾いてから片づけたり、使用しなくてはいけませんが、ドライスプレーは速乾性が特徴のため乾く時間が必要ありません。
すぐに物のニオイを消したいときには消臭ドライスプレーを活用しましょう。しかし、エアゾール製品のため、高温での保管は避け、火元の近くに置かないなど注意が必要です。

ドライスプレーバナー
消臭ビーズ
スプレータイプの消臭剤に加え、置き型消臭剤を併用することでより快適な真無臭空間を保つことができます。
大きさによって使用する場所を使い分けるのがオススメです。車内では消臭ビーズ140gを使用してニオイ対策を行いましょう。テント内では消臭ビーズ600gがオススメです。さらに消臭装置拡散装置を使用することでより消臭効果を実感できます。

消臭ビーズバナー

衣類用消臭柔軟剤
帰宅後は衣類のニオイが気になることもありますよね。衣類についたニオイは染みついてしまうと簡単にニオイが取れないこともあります。ハルの消臭柔軟剤は、本来の柔軟剤機能に加えて消臭効果をプラスしました。消臭剤専門メーカ―が本気で作った新しい消臭柔軟剤です。

ハルの消臭剤でテントのニオイ対策をして快適で楽しいキャンプをしましょう。

この記事をシェアする