ハルタイムズ

ニオイの総合コンサルタント
ハル・インダストリ|ニオイの情報ブログ

公開日:2024.06.17 / 最終更新日:2024.06.17

暑い季節の悩み解消!夏に最適な消臭剤をご紹介します!

夏ニオイ対策アイキャッチ暑い季節の悩み解消!夏に最適な消臭剤をご紹介します!
汗臭さ、生乾き臭…夏はニオイの悩みがつきません。
しかし、消臭剤を活用すれば、快適な夏を過ごせるのです!
この記事では、夏のニオイ対策に役立つオススメ消臭剤をご紹介します。
置き型消臭剤やスプレータイプなど、自分にぴったりの消臭剤を見つけましょう!
消臭剤選びのポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてください。
今すぐ記事を読んで、夏のニオイ対策を始めましょう!

夏に発生するニオイの種類とニオイ対策

汗臭さ、生乾き臭、加齢臭…夏はニオイが気になる季節です。ニオイの種類別、場所別の対策方法を確認してみましょう。夏のニオイに悩まされることなく、快適な夏を過ごせます!

汗臭い体臭のニオイ対策

汗自体は無臭ですが、皮膚常在菌が汗に含まれる皮脂やタンパク質を分解することで、アンモニアや酸などのニオイを発生させます。とくに、脇の下や足など、汗腺が発達している部位は体臭が強くなりやすいです。

【夏の体臭が強くなる理由】
1.汗の量が増える:気温や湿度が高くなると、体温調節のために汗の量が増えます。
2.皮膚常在菌が繁殖しやすい環境になる:高温多湿の環境は、皮膚常在菌にとって繁殖しやすい環境です。
3.衣類による蒸れ:通気性の悪い衣類を着ていると、汗が蒸れて体臭が強くなります。

頻繁なシャワーや入浴
汗をかいたら、できるだけ早くシャワーや入浴で洗い流しましょう。とくに、脇の下や足など、体臭が気になる部位は念入りに洗います。

【ポイント】
・石鹸は殺菌効果のあるものを選ぶと効果的です。
・ナイロン製のタオルは肌を刺激するため、綿製のタオルを使うのがオススメです。
・入浴後は、しっかりと水分を拭き取り、体臭の原因となる雑菌の繁殖を抑えます。

汗をかいたら速やかに着替える
汗を含んだ衣類は雑菌の繁殖源となりますので、清潔な衣類に着替えます。

【ポイント】
・通気性・速乾性に優れた素材の衣類を選びましょう。
・汗をかいたら、できるだけ早く洗濯して清潔な状態を保ちます。
・外出先で着替えるのが難しい場合は、汗拭きシートなどで汗を拭き取り、体臭を軽減します。

適切な制汗剤の使用
制汗剤を使用して、汗の分泌を抑えることができます。

【ポイント】
・ロールオンタイプ、スプレータイプ、クリームタイプなど、さまざまな種類がありますので、自分に合ったものを選びましょう。
・外出する前に、汗をかいていない状態で制汗剤を塗ると効果的です。
・制汗剤の効果は持続時間が限られているので、必要に応じて塗り直しましょう。

生乾きのニオイ対策

じめじめとした梅雨や暑い夏は、洗濯物が乾きにくく、生乾き臭が発生しやすい季節です。生乾き臭は、雑菌が繁殖して発生する嫌なニオイで、衣服や布団などから発生します。
生乾き臭は、「湿度が高い」「温度が高い」「洗濯物が乾ききってない」の3つの条件が揃うことで発生しやすくなります。

十分な風通しと日光の利用
洗濯物や布団を風通しの良い場所に干して、日光を浴びることで湿気を飛ばすことができます。
厚手のものは裏返して干すのがオススメです。

除湿対策
部屋の湿度を下げるために、 除湿機や湿気取り剤を使用すると効果的です。
部屋のサイズや洗濯物の量に合わせて除湿機を使用して生乾き臭対策を行いましょう。
部屋干し臭対策は少しの工夫で解決することができます。
下記記事も参考にして対策をしましょう。

ゴミやペットのニオイ対策

暑い夏は、汗臭い体臭、生乾き臭、ゴミやペットのニオイなど、さまざまなニオイが発生しやすい季節です。これらのニオイは、自分自身だけでなく、周囲の人にも不快な思いをさせてしまう可能性があります。

ゴミ箱の適切な管理
夏の暑い季節、ゴミ箱から嫌なニオイが漂ってくることはありませんか?生ゴミなどのさまざまなゴミが混ざり合うゴミ箱は、雑菌にとって繁殖しやすい環境です。下記対策を行いゴミ箱を徹底管理しましょう。

1.ゴミ箱の清潔さを保つ
・定期的なゴミ出し
ゴミ箱がいっぱいになる前に、定期的にゴミ出しを行いましょう。生ゴミはとくに腐敗しやすいので、毎日捨てるのが理想です。

・ゴミ袋の交換
ゴミ袋は、ゴミが溜まるたびに交換しましょう。ゴミ袋が破れたり、汚れたりしたら、すぐに新しいものに取り替えてください。

・ゴミ箱の掃除
ゴミ箱は、定期的に掃除をして清潔な状態を保ちましょう。水拭きやアルコール消毒などを行い、雑菌の繁殖を抑えます。

2.ニオイの原因となるゴミを対策する
・生ゴミの水切り
生ゴミは水切りをしてから捨てることで、水分によるニオイを抑えることができます。新聞紙などに包んで捨てるのも効果的です。

・ペットボトルや缶の洗浄
ペットボトルや缶は、中身を飲み干してからよく洗い、乾燥させてから捨てましょう。

・ニオイの強いゴミの個別処理
魚や肉など、ニオイの強いゴミは個別に密封して捨てることで、他のゴミに移るニオイを防ぐことができます。

ペットの定期的なお手入れ

ペット消臭剤画像
ペットと暮らす中で、体臭や毛のニオイは避けられない問題です。
定期的にシャンプーやブラッシングを行いニオイ対策をしましょう。

シャンプーは、ペットの皮膚や被毛の汚れを落とし、体臭を抑える効果があります。短毛種は2週間に1回程度で長毛種は週に1回程度が目安です。
また、ブラッシングは、毛のもつれや抜け毛を取り除き、皮脂や汚れを浮き上がらせる効果があります。毎日行うのが理想です。長毛種は、とくに念入りにブラッシングしましょう。

靴やスニーカーのニオイ
日中の暑い気候や汗によって、靴の中は蒸れやすく、嫌なニオイが発生しやすい環境です。
足は汗腺が発達している部位であり、日中の暑い気候や運動などによって汗をかきやすくなります。靴の中で蒸れた汗は、雑菌の繁殖を促進し、ニオイの原因に。通気性の良い素材で作られた靴を選ぶことで、靴の中の湿気を逃がし、ニオイを発生しにくくすることができます。メッシュ素材やキャンバス素材などがオススメです。
帰宅後は、靴の中の湿気をしっかり乾かしましょう。新聞紙を詰めて湿気を取り除いたり、シューキーパーを使って形を整えながら乾燥させたりするのが効果的です。
また、靴の中に除菌・消臭スプレーを吹きかけることで、雑菌の繁殖を抑制し、ニオイを消臭することができます。

キッチンや冷蔵庫からのニオイ

キッチンニオイ対策画像
暑い夏は、食材の腐敗やゴミのニオイが気になる季節 です。キッチンや冷蔵庫は、とくにニオイが発生しやすい場所….。食材は早めに消費することや適切な保管、キッチンの換気や油汚れの掃除、冷蔵庫の定期的な掃除などが大切です。
詳しい対策方法は下記記事を参考にしましょう。

カビや湿気によるニオイ
じめじめとした梅雨や暑い夏は、カビや湿気による嫌なニオイが発生しやすい季節です。これらのニオイは、部屋干し臭や生乾き臭などの生活臭に加え、カビの繁殖による独特のニオイが混ざり合い、さらに不快な印象を与えてしまいます。
カビは、湿度の高い環境で繁殖しやすいです。カビが衣類や家具などに付着すると、ニオイを発生させます。
湿度の高い環境は、カビの繁殖だけでなく、ダニや雑菌の繁殖にも適しています。

部屋の換気を十分に行うことで、湿気を取り除き、カビの繁殖を抑えることができます。窓を開けて換気するだけでなく、扇風機や換気扇を使って強制的に換気を行うのも効果的です。
梅雨時期や台風シーズンなど、湿度が高い時期は、除湿機を使って湿度を下げることで、カビの繁殖を抑え、ニオイを消臭することができます。

夏に効果的な消臭剤の種類と特徴

夏はさまざまなニオイが発生して気になります。場所にあった消臭剤を使って効果的にニオイ対策をしましょう。

衣類や布団用の消臭スプレー

消臭ミスト画像

衣類や布団などに直接スプレーすることで、ニオイを除去または抑制します。消臭効果だけでなく、衣類を清潔にするために除菌効果や柔軟仕上げ効果をもったスプレーもあります。
スプレーを適量噴射しましょう。とくにニオイが気になる部分や生地の裏側にもスプレーすると効果的 です。

室内のディフューザー

ディフューザーは、室内空間に香りを広め、リラックス効果やリフレッシュ効果をもたらします。夏のディフューザー選びは、さわやかで爽快感のある香りを選ぶのがオススメ。
夏にオススメの香りは、柑橘系、ミント系、ハーブ系などのさわやかで爽快感のある香りです。これらの香りは、気分をリフレッシュさせてくれます。ディフューザーの中には、消臭効果があるものも。消臭効果のあるディフューザーを選ぶことで、空気中のニオイを中和し、より快適な空間を作ることができます。
ディフューザーにも「アロマディフューザー」「リードディフューザー」「アロマストーン」などさまざまな種類があります。種類を変えて気分転換をしてみるのもオススメです。
ただし、直射日光や高温多湿の場所は、香りが変質したり、ディフューザーが劣化したりする可能性があります。夏場はとくに気温が高くなりやすいので気を付けましょう。

車や靴用のシート

車内用消臭剤画像

暑い夏は、車内や靴の中で汗臭さや生乾き臭など、さまざまなニオイが発生しやすく、快適な空間を保つことが難しい季節です。
車内では、タバコ臭や食べこぼしのニオイなど、さまざまなニオイが発生。消臭効果の高いシートを選ぶことが重要です。ニオイの原因となる菌や雑菌を抑制する抗菌効果のあるシートを選ぶと、より効果的にニオイを消臭できます。
また、自分の好きな香りを選ぶことで、車内を快適な空間にすることができます。ただし、香りはときに車酔いや気分を悪くする原因にも。無香料のシートもあるので、香りに敏感な方は無香料を選びましょう。

靴は汗臭さや生乾き臭など、強いニオイが発生しやすい場所です。靴の中は湿気が多く、菌や雑菌が繁殖しやすい環境のため、除菌効果のあるシートを選ぶと、ニオイの発生を抑制できます。
消臭スプレーと併用して使用することでよりニオイ対策に繋がります。

消臭剤の選び方と使い方

消臭剤を使えば、快適な夏を過ごせるのですが、種類が多くてどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね?
種類や正しい使い方などを覚えて夏のニオイ対策に備えてください。

成分や効果を確認するポイント

【成分】
消臭剤に含まれる成分を確認してみましょう。一般的な消臭剤には、消臭効果のある成分や抗菌成分が含まれています。過敏な肌を持つ人やアレルギーがある人は、成分表をチェックして安全性を確認するのがオススメです。
代表的な成分は以下の通りです。

<消臭効果のある成分>
・活性炭:ニオイを吸着して消臭する
・重曹:酸性のニオイを中和して消臭する
・酸化チタン:光触媒作用でニオイを分解する
・銀イオン:抗菌作用でニオイの原因となる菌を抑制する

<除菌機能をもつ成分>
・ベンザルコニウム塩化物:微生物の細胞膜を破壊することで殺菌・抗ウイルス作用を発揮します。
・エタノール:微生物の細胞膜を構成するタンパク質を変性させることで殺菌・抗菌作用を発揮します。
・イソプロピルアルコール:エタノールと同様に、微生物の細胞膜を構成するタンパク質を変性させることで殺菌・抗菌作用を発揮します。

【効果】
消臭剤の効果範囲を確認してみましょう。
特定のニオイに対応する消臭剤は、タバコ臭、ペット臭、生乾き臭など、特定のニオイに特化して消臭する効果があります。これらのニオイの原因となる物質を分解したり、中和したりすることで、効果的に消臭します。
消臭効果に加えて、抗菌・防カビ効果を持つものもあり、幅広い用途に使用できます。

正しい使い方と使用量の目安

【使用方法】
消臭剤の効果を最大限引き出すためには正しい使用方法でニオイ対策を行う必要があります。
一般的にはスプレータイプなら対象物に直接スプレーし、ディフューザータイプなら適切な場所に設置してニオイ対策をします。製品のラベルや説明書に記載された使用方法を確認し、適切に使用しましょう。

【使用量の目安】
消臭剤の使用量は、製品や目的によって異なります。消臭剤の多くは、製品ラベルや説明書に、使用量の目安や推奨されるスプレー回数が記載されています。必ず使用前に確認し、適切な量を使用するようにしましょう。
消臭効果は、使用量によって大きく左右されます。使用量が少なすぎると、効果が十分に得られない可能性があります。しかしニオイが気になるからといって、使用量を増やすと、効果が薄れたり、逆にニオイが発生したりする可能性があります。

夏にオススメの消臭剤

汗臭さ、生乾き臭…夏はニオイが気になる季節です。夏の気になるニオイを撃退するための消臭剤は何がオススメか確認してみましょう。

天然成分を使用した消臭剤

近年、化学物質や環境問題への意識の高まりから、天然成分を使用した消臭剤が注目されています。

化学物質は肌トラブルの原因にもつながります。敏感肌の方や小さなお子様がいるご家庭では、天然成分の消臭剤は安心な選択肢です。天然成分は、肌への刺激が少なく、アレルギーを引き起こすリスクも低くなります。

香料は、人によって好みが分かれるだけでなく、化学物質に敏感な方にとっては刺激になる可能性があります。無香料タイプであれば、香りに敏感な方でも安心して使用できるのでオススメです。

天然成分の消臭剤は、環境と肌に優しいだけでなく、効果的な消臭効果も期待できます。無香料タイプを選べば、香りに敏感な方でも安心して使用できます。天然の力でニオイを消臭したい方は、ぜひ天然成分の消臭剤を試してみてください。

持続効果がある消臭剤

一般的に消臭剤と呼ばれる製品の中には、ニオイを一時的にマスキングする効果を持つものが多くあります。一方、 ハルの消臭剤は、空気中のニオイを分解・中和 します。
夏場はとくにニオイが発生しやすいため、マスキングすることで別のニオイが発生する可能性も。無臭で持続効果のある消臭剤は、一度使用すれば長時間効果が持続するため、頻繁に消臭する必要がなく、忙しい方に最適です。部屋全体のニオイが気になる場合や、消臭効果を長持ちさせたい場合に効果を発揮します。

携帯しやすいサイズの消臭剤

暑い夏は、汗臭さや生乾き臭など、さまざまなニオイが発生しやすく、外出先でもニオイ対策が重要です。携帯サイズの消臭剤は、ポケットやバッグに収納しやすく、使いたい時にすぐに取り出すことができます。外出先でのちょっとしたニオイの気になる場面で、手軽に消臭したい場合に最適です。

衣類や靴に直接使える消臭剤
靴消臭剤画像

暑い夏は、汗や生乾き臭など、衣類や靴から発生するニオイが気になる季節。衣類や靴に直接使える消臭剤は、汗や生乾き臭の原因となる物質を分解・中和することで、ニオイを消臭します。一般的な消臭剤は、ニオイを一時的にマスキングする効果を持つものが多いですが、直接使える消臭剤は、ニオイの根本原因にアプローチします。
シミになる可能性があるので、衣類に直接スプレーする場合は、目立たない場所で試してから使用しましょう。皮革や毛皮など、デリケートな素材には使用できない場合があります。使用前に製品の説明書をよく読んでください。

衣類は、洗濯することで汗や皮脂汚れを落とし、消臭できます。生乾き臭を防ぐためには、洗濯後の衣類をしっかり乾燥させることが重要です。

ドライスプレーバナー

夏のニオイ対策はこれで完璧!オススメ消臭剤

柔軟剤画像

じめじめと暑い夏、汗臭さや生乾き臭など、さまざまなニオイに悩まされていませんか?
せっかくおしゃれをして出かけても、汗臭さが気になる…
洗濯物を干しても、生乾き臭が部屋に充満して気分が落ち込む…
そんな夏のニオイ悩みを解決するのが、消臭剤です!
この夏は、自分にぴったりの消臭剤を見つけて、ニオイ知らずの快適な生活を送りましょう!

ハルの消臭剤は気になる生乾き臭や部屋干し臭の対策にもオススメ です。もちろん、衣類や靴のニオイにも!
生乾き臭や部屋干し臭が気になる夏は、ハルの消臭柔軟剤で対策しましょう。ハルの柔軟剤は、批評誌で3年連続ベストバイを受賞した消臭剤に使用されているオリジナル消臭成分を配合した特別な柔軟剤。 部屋干しの機会が多く生乾きのニオイが気になる夏にはとっておきのアイテムです。柔軟剤に求められる「肌へのやさしさ」「しわ・ダメージケア」「花粉・静電気防止」等の機能に加え 「無臭にする消臭・防臭機能」をもたせた消臭柔軟剤です。

夏は汗臭い服のニオイも気になります。衣類のニオイは消臭ミストを使って対策しましょう。消臭ミストは衣類だけでなく、蒸れて臭くなりやすい靴にもオススメの商品です。寝ている間に汗をかいて臭くなりがちな寝具も消臭ミストでニオイケアをしましょう。

ハルの王道商品!置き型消臭剤の消臭ビーズはニオイ対策に欠かせません。夏場は窓を開けて過ごすことも多いですが、それでもニオイが気になることも…。消臭ビーズを部屋に置いてニオイ対策をしましょう。

ハルの消臭剤で夏を真無臭に!夏のニオイ問題はハルの消臭剤で解決して快適に過ごしましょう。

この記事をシェアする