ハルタイムズ

ニオイの総合コンサルタント
ハル・インダストリ|ニオイの情報ブログ

公開日:2023.12.28 / 最終更新日:2024.02.22

フェレットのニオイが気になる?ニオイのもとを絶ち、消臭剤で無臭に!

フェレットニオイ対策アイキャッチ

フェレットは、愛くるしい見た目と人懐っこい性格で人気のペットです。しかし、体臭や排泄物の臭いが気になるという声も少なくありません。「フェレットのニオイを抑えるには、どうすればいいんだろう?」そんな悩みを抱える方にフェレットのニオイの原因と、その対策について詳しく解説しています。さらに、フェレットにも安全な消臭剤を紹介!フェレットのニオイを抑えて、快適なペットライフを送りましょう!

フェレットが臭う原因は

フェレットの特徴や性格を知ることで飼ううえでの注意点が分かります。まずはどのような特徴があるのか把握しましょう。

フェレットの特徴

フェレットは、イタチ科イタチ属に分類される小型の哺乳類です。体長は約40cm、体重は約0.5〜1kgで、細長い体型と鋭い爪や牙が特徴です。野生ではヨーロッパやアジアに生息しており、ネズミやウサギなどの小動物を捕食しています。
また、フェレットは、胴長短足の体型が特徴です。この体型は、狭い穴の中をすばやく動き回るのに適しています。フェレットの皮膚は伸縮性に優れており、狭い隙間にも入り込むことができます。

フェレットのニオイの原因

フェレットは、独特の臭いを持っていることで知られています。その臭いの原因は、大きく分けて以下の3つです。

・体臭
・フン・おしっこ
・臭腺

体臭
フェレットの 体臭の正体は、皮脂 です。フェレットの全身には、毛皮を乾燥や汚れから保護するために皮脂を分泌する腺があります。この腺から出る皮脂に、フェレット特有の匂いがあるのです。

体臭は、個体差や健康状態によっても異なります。健康なフェレットは、適度な体臭を保っています。しかし、病気やストレスによって皮脂の分泌量が増えると、臭いが強くなることがあるため注意しましょう。

フン・おしっこ
フェレットのフンやおしっこには、アンモニアや硫化水素などの臭いの原因となる物質が含まれています。
フンやおしっこの臭いを抑えるためには、トイレのしつけをしっかりとしておくことが重要です。また、トイレの清掃をこまめに行うことで、臭いを軽減することができます。

臭腺
フェレットの肛門の両脇には、臭腺と呼ばれる腺があります。この腺から出る分泌液は、縄張り主張や生殖行動、外敵から身を守るための防御手段として使われます。

臭腺の分泌量は、個体差や健康状態によって異なり、健康なフェレットは、通常は臭腺の分泌量はわずかです。しかし病気やストレスによって分泌量が増えると、強いニオイを発することがあります。

臭腺のニオイを抑えるためには、臭腺除去手術を行うことが効果的です。臭腺除去手術は、生後3ヶ月から6ヶ月の間に行うのが一般的です。

フェレットのお手入れ方法

フェレット画像

フェレット自体のお手入れでニオイを抑えることができます。お手入れを怠ると病気になる可能性もあるので、しっかりお手入れをして元気で過ごしやすい環境に整えましょう。

ブラッシング

フェレットは、毛玉ができやすい動物です。毛玉を放置しておくと、消化管に詰まって毛球症を引き起こす原因となるため、定期的にブラッシングして毛玉を予防する必要があります。

ブラッシングは、週に1〜2回程度行うのが目安です。ブラッシングをする前に、フェレットを落ち着かせるために、おやつやおもちゃで気を引いてあげましょう。
ブラシは、フェレットの毛質に合わせて選びましょう。短毛種には、目の細かいコームやブラシ、長毛種には、スリッカーブラシやピンブラシがおすすめです。

ブラッシング中は、皮膚に傷がつかないように注意しましょう。また、フェレットが嫌がったら、無理にブラッシングしないでください。
ブラッシングは、毛玉予防だけでなく、血行促進や皮膚の健康維持にも効果的です。フェレットの健康を守るためにも、定期的なブラッシングを心がけましょう。

耳掃除

フェレットは、耳垢が溜まりやすい動物 です。耳垢が溜まったまま放置しておくと、耳の中が汚れて炎症を起こしたり、耳ダニなどの寄生虫が繁殖したりする原因となります。そのため、定期的に耳掃除をして、耳垢を除去する必要があります。

耳掃除は、週に1〜2回程度行うのが目安です。耳掃除をする前に、フェレットを落ち着かせるために、おやつやおもちゃで気を引いてあげましょう。

耳掃除に必要なもの

・イヤーローションまたはイヤークリーナー
・綿棒
耳掃除の手順は、以下のとおりです。

①イヤーローションまたはイヤークリーナーを、耳の穴に数滴垂らします。
②数分間待って、耳垢が浮き上がってくるのを待ちます。
③綿棒の先端を、耳の穴の入り口から1~2cmほど入れて、優しく拭き取ります。
④耳の穴の外側も、綿棒で拭き取ります。
耳掃除中は、耳の奥深くまで綿棒を入れないように注意しましょう。また、耳垢が固くて取りにくい場合は、無理に拭き取ろうとせず、獣医師に相談してください。

耳掃除のポイント

フェレットが嫌がる場合は、無理に耳掃除しないでください。
耳掃除中は、耳の奥深くまで綿棒を入れないように注意しましょう。
耳垢が固くて取りにくい場合は、無理に拭き取ろうとせず、獣医師に相談してください。
耳掃除に慣れさせるためには、子犬のうちから始めるとよいでしょう。また、耳掃除を楽しい時間にするために、おやつやおもちゃで気を引いてあげるのも効果的です。

耳掃除の際に、以下の症状が見られたら、獣医師に相談してください。

・耳から出血する
・耳から悪臭がする
・耳が赤く腫れている
・耳をよくかいている
これらの症状は、耳炎や耳ダニなどの病気の可能性があります。早めに獣医師に診察してもらうことで、病気の早期発見・早期治療につながります。

シャンプー

フェレットは、毛玉ができやすく、汚れやニオイもつきやすい動物です。そのため、定期的にシャンプーして、清潔に保つ必要があります。

シャンプーは、月1〜2回程度行うのが目安です。シャンプーをする前に、フェレットを落ち着かせるために、おやつやおもちゃで気を引いてあげましょう。
シャンプー中は、皮膚に傷がつかないように注意しましょう。また、フェレットが嫌がったら、無理にシャンプーしないでください。

シャンプー後は、体を拭き取った後、ドライヤーで乾かしましょう。ドライヤーの熱風が苦手な場合は、自然乾燥させるのもよいでしょう。
フェレットは、水に弱い動物です。シャンプーをする際は、体温が下がらないように注意しましょう。また、シャンプー剤が目や鼻、耳に入らないように注意しましょう。シャンプー剤が残っていると、皮膚トラブルの原因となることがあるため、よくすすぐことも大切です。

フェレットのトイレ・ケージの掃除について

フェレットに限らずペットを飼うと掃除などの定期的なお手入れが必要になります。フェレットを飼ううえでどんな場所に注意して掃除をすべきか確認してみましょう。

フンやおしっこは毎日取り除く

フェレットは排泄物が多いため、毎日朝晩定期的に掃除を行いましょう。とくに夏場は雑菌も発生しやすいので、気が付いた時点でこまめに掃除することが大切です。また、フェレットは、トイレを覚える動物。トイレを覚えるためには、トイレの位置を決めて、毎日フンやおしっこをこまめに取り除くことが大切です。

フンやおしっこが残っていると、臭いの原因となるだけでなく、フェレットの健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、毎日フンやおしっこをきちんと取り除くようにしましょう。

トイレ砂とトイレシーツ

トイレが汚れているとトイレ以外で排泄してしまう可能性が あり、悪臭の原因となります。トイレ砂とトイレシーツを一緒に使うことも有効です。トイレ砂だけでは吸収しきれなかった尿を、トイレシーツを敷いておいておくことによりトイレ砂の受け皿となりケージ内に漏れることがなくなります。

トイレ掃除の頻度は、トイレの砂やシーツの種類によって異なります。トイレ砂は、汚れたらすぐに取り替えましょう。シリカゲルの場合は、目安として1日1回程度、紙や天然素材の場合は、目安として1日2〜3回程度の交換がおすすめです。

トイレシーツは、汚れたらすぐに取り替えましょう。目安として、1日2〜3回程度の交換がおすすめです。

トイレ掃除をこまめに行うことで、臭いを抑え、フェレットの健康を守ることができます。

フェレットのケージ内

ケージの掃除は、週に1〜2回程度行うのが目安です。トイレやエサ入れ、給水器の周辺は、毎日こまめに掃除しましょう。定期敵にハンモックなどのフェレットのおもちゃも掃除や洗濯をして清潔に保つことが大切です。
ケージの掃除をする際には、フェレットをケージから出して、安全な場所で待たせましょう。

ケージの清掃頻度は、フェレットの飼育環境やフェレットの体調によって異なります。

もし、以下のような症状が見られたら、ケージの清掃頻度を増やしましょう。
・ケージの周囲に臭いがする
・フェレットがケージの周囲を舐めまわす
・フェレットがケージの中で排泄する

フェレットのニオイ対策

フェレットと過ごす中で気になるニオイ問題。フェレットに適したニオイ対策をして快適なニオイ空間を創りましょう。

部屋のニオイ対策

部屋のニオイ対策

フェレットは、体臭や排泄物の臭いが気になる動物です。そのため、フェレットを部屋で飼う場合は、部屋のニオイ対策をしっかりと行う必要があります。

まずは部屋の換気をしましょう。部屋の換気をすることで、臭いの原因となる湿気やホコリを除去することができます。
部屋の換気は、1日に数回行うようにしましょう。また、空気清浄機を使うのも効果的です。

カーテンやクッションなどの布製品はフェレットのニオイが染み付いていることがあります。定期的に洗濯をしてニオイ対策を行うことが大切です。

ニオイ対策には消臭剤も欠かせません。消臭剤には、アンモニアや硫化水素などの臭いを中和する成分が含まれているため、ニオイを抑えるのに効果的です。

消臭剤を選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

・フェレットが舐めても安全な成分のものを選びましょう。
・強すぎる香りで、フェレットが嫌がるものを選ばないようにしましょう。
消臭剤は、トイレの周辺やケージ全体にスプレーして使うのがおすすめです。また、トイレの砂やシートを消臭剤と一緒に使うと、より効果的にニオイを抑えることができます。

消臭剤を使ってフェレットも快適に過ごせる真無臭空間に

消臭剤

フェレットは、愛らしい見た目と人懐っこい性格で人気のペットです。しかし、体臭や排泄物のニオイが気になるという声も少なくありません。

そんな悩みを解決する方法のひとつが、消臭剤の活用 です。消臭剤には、アンモニアや硫化水素などのニオイを中和する成分が含まれているため、ニオイを抑えるのに効果的です。

消臭剤を使うことで、フェレットが過ごす環境を快適にすることができます。消臭剤を選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。
・フェレットが舐めても安全な成分のものを選びましょう。
・強すぎる香りで、フェレットが嫌がるものを選ばないようにしましょう。

ハルの消臭剤は100%植物由来の消臭成分で安心・安全にニオイを元から無臭化します。ペットイベントの会場内を消臭することもあり高い消臭力と安心性から主催者様だけでなくご来場者様からご好評いただいています。

ハル・インダストリの消臭剤を活用して、フェレットも快適に過ごせる真無臭空間を作りましょう。

この記事をシェアする