ハルタイムズ

ニオイの総合コンサルタント
ハル・インダストリ|ニオイの情報ブログ

公開日:2023.12.27 / 最終更新日:2023.12.26

エアコンに付着するカビや菌を除去!消臭剤の正しい使い方を伝授

エアコンニオイ対策アイキャッチ

夏も冬も、快適に過ごすためにエアコンは欠かせない存在です。
しかし、エアコンの使用を続けると、カビや菌が繁殖し、イヤなニオイの原因に。
エアコンの中に潜むカビや菌は、我々の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。
カビや菌を除去するためには、エアコンのフィルターを定期的に掃除したり、消臭剤を使用することが有効です。
そこで今回は、エアコンに付着するカビや菌を除去するための、消臭剤の正しい使い方をご紹介します。

エアコンのニオイの原因は?

エアコンから発生するニオイの原因は、カビ臭、湿気、動物種などさまざまです。
冷房や暖房を使った後に送風運転をすることで、エアコン内部を乾燥させてカビの発生を予防することができます。

エアコンから発生する異臭の種類と原因

エアコンから発生する異臭は、エアコンのメンテナンスや、適切な消臭対策を行うことで解消することができます。

カビ臭
エアコンから出るイヤなニオイは、エアコン内部にカビが繁殖することで発生します。
また、湿気の多い環境もカビの繁殖を促します。
そのため、エアコンが湿気の多い浴室や洗面所の近くに設定されている場合や、長期間使用しないと、カビが繁殖しやすくなります。

焦げ臭
エアコンは、モーターでファンを回転させ、熱交換器で空気を冷やしたり温めたりする仕組みになっています。
これらの部品が過熱すると、焦げ臭いニオイが発生。
焦げ臭いニオイがする場合、すぐにエアコンの運転を停止し、原因を調査する必要があります。
原因がフィルターの詰まりであれば、フィルターの掃除を行うことで発生したニオイを解消。
また、エアコンのメンテナンスを定期的に行うことで、焦げ臭いニオイの発生を予防することができます。

動物臭

ペット画像

ペットの毛などがエアコン内部に付着してニオイが発生することがあります。
エアコンは、室内の空気を吸い込み、冷やしたり温めたりしてから、再び室内へ放出します。
その際、空気中のホコリやチリだけでなく、ペットの毛なども吸い込まれ、エアコン内部に溜まります。

たばこ臭

エアコン内部にたばこの煙が入り込むことで、不快なニオイが発生します。
タバコ臭はとくに閉め切った部屋や車内で感じやすく、エアコンがそのニオイを循環させることで、空間全体に広がってしまいます。

匂い移り臭
エアコン内部には、隣の部屋から流れてきたさまざまなニオイや換気不良による空気の汚れが原因で、匂い移りが発生することがあります。
とくに集合住宅やオフィスなどでは、隣の部屋からの香りや不快なニオイがエアコンを介して広がりやすくなっています。

エアコン内部で発生するニオイの原因

エアコン内部には以下に挙げるさまざまな悪臭の元が存在するため、適切な対策が必要です。

エアコンフィルターの汚れ
エアコンフィルターが汚れていると、ホコリや汚れ、菌、カビなどが繁殖して悪臭の原因 となります。
定期的にフィルターを掃除することで、快適な室内環境を維持することがすることができます。

結露
結露は、カビや細菌の繁殖を促進し、悪臭の原因となります。
とくに夏場にエアコンを使用する際には、注意が必要です。
冷やされた空気が室内に放出され、その冷たい空気が暖かい空気と接触することで結露が発生します。
この結露により、湿度が上昇し、カビや菌の増殖が加速され、ニオイの元となります。

エアコン内部の湿気
エアコン内部の湿度が高くなると、細菌やカビが繁殖しやすくなります。
とくに、エアコンの使用頻度が低く、湿度が高い場合は、カビや細菌の繁殖が進みやすくなります。
定期的な湿度の確認と必要に応じた調整は、室内環境を維持するために重要です。

部品の劣化
エアコン内部の部品が劣化すると、金属やプラスチックが腐食し、悪臭の原因 となります。
部品の劣化は時間の経過や使用頻度によって生じるものです。
劣化した部品が悪臭を発生させる可能性があるため、定期的な点検と必要な部品の交換が大切です。

消臭剤の正しい使い方

消臭スプレー

消臭剤は、イヤなニオイを消すために使われます。
しかし、使い方を間違えると、効果が半減したり、健康被害を引き起こす可能性があります。

エアコン内部の掃除方法

エアコンの内部を定期的に掃除することは、カビや菌の繁殖を防止するために非常に重要です。
以下では、エアコン内部の掃除方法を紹介します。

1.電源を切る
まず、エアコンの電源を切ります。
エアコン本体に触れる前に、必ず手を洗って清潔な状態にしておきましょう。

2.フィルターを取り外す
エアコンのフィルターを取り外し、汚れを落とします。
フィルターの取り外し方は、エアコンの取扱説明書を参照してください。

3.フィルターを洗う
フィルターは水で洗い流し、柔らかい布で汚れをこすり落とすようにしましょう。
洗ったら、水を切って陰干しをして完全に乾かしてください。

4.エアコン本体の掃除
エアコン本体を掃除するために、掃除機のノズルや布巾を使って、ホコリやゴミを取り除きましょう。
とくにエアコンの吹き出し口やフィンには、しっかりと掃除するようにしてください。

5.除菌・消臭処理
エアコン内部を除菌・消臭処理するために、専用の除菌・消臭剤を使用することができます。
それぞれのエアコンによって使用方法が異なるため、取扱説明書をよく読んで正しく使うようにしましょう。

以上が、エアコン内部の掃除方法です。
定期的に掃除することで、エアコンから発生する悪臭の原因となるカビや菌を防止し、快適な空気環境を保つことができます。

エアコン消臭剤の使い方の詳細

エアコン内部のカビや菌から発生する悪臭を取り除くには、消臭剤が有効です。
消臭剤には、エアコンの汚れやニオイの元を分解する成分が含まれており、エアコンの清潔さを保つとともに、カビや菌の繁殖を抑えることができます。
カビや菌の繁殖を抑えることで、健康にも良い影響を与えます。
ただし、消臭剤に含まれる成分によっては、アレルギーやアトピーの方には刺激を与えることがあるため、使用前に成分を確認することが重要です。

スプレータイプの消臭剤の使用する際に注意点

消臭スプレー
スプレータイプのボタンを押す際は、エアコン内部に向けずに使用し、距離や使用回数にも注意をしましょう。
一部のエアコンメーカーは、エアコン内部に向けてスプレーすることを禁止しています。
これは、スプレーがエアコン内部の部品や配線に付着して、機器の故障や火災の原因になる可能性があるためです。
そのため、スプレータイプの消臭剤を使用する場合は、エアコンのフィルターや外側に向けて、少し離してスプレーをすることが推奨されています。
使用方法については、製品の注意書きをよく読んで、正しく使用するようにしましょう。

エアコンの消臭剤の選び方

香りや成分など自分に合ったエアコンの消臭剤を選ぶようにしましょう。
製品に記載されている使用方法や注意事項を必ず読み、正しく使用することが大切です。

エアコンの消臭剤を選ぶポイント

効果の種類
エアコンの消臭剤には、菌やカビを除菌するもの、悪臭を分解するもの、香りでカバーするものなど、さまざまな種類があります。
使用しているエアコンに適したもので、どのような効果を期待するかによって消臭剤を選んでください。

使用方法
エアコンの取扱説明書をよく読んで、正しく使うようにしましょう。

成分
エアコンの消臭剤に含まれる成分によって、効果や安全性が異なります。
成分表記を確認し、人体やペットにも安全な商品を選びましょう。

香り
香りが強すぎると、逆に不快感を与えることもあります。
自分や家族が好む香りや、ペットにも強すぎないものを選びましょう。

メーカー
信頼できるメーカーの製品を選ぶことで、安心して使用することができます。
メーカーの評判や口コミを確認して選ぶことは大切です。

オススメのエアコンの消臭剤

エアコンのニオイには、消臭剤が活躍します。
消臭剤を選ぶときは、自分の好みや環境に合わせて、最適なものを選びましょう。

人を選ばない消臭剤

自分にとって好きな香りでも、他人にとっては苦手な香りということもあります。
そのため、エアコンの消臭剤を選ぶときは、無香料タイプを選ぶのも一つの方法です。
無香料タイプなら、人を選ばず、誰でも快適に過ごすことができます。

エアコンのニオイ、無臭の消臭剤で解決!

消臭ビーズ140g・600g

エアコンのニオイ対策は、フィルターの掃除や、運転開始直後に換気をして、エアコン内部に汚れを溜め込まないことが大切です。
また、冷房や暖房を使った後に送風運転することで、エアコン内部を乾燥させてカビの発生を予防することができます。

しかし、いくらニオイ対策をしてもニオイが発生してしまうことがあります。
そのようなときにオススメなのが、無臭の消臭剤です。

無臭の消臭剤は、香りがないため、人を選ばず誰れもが快適に過ごすことができます。
「ハル・インダストリ」の消臭剤は、100%植物由来の消臭成分を用い、イヤなニオイを中和し無臭にします。


エアコンのニオイ対策には、フィルターの掃除や換気、送風運転を基本として、無臭の消臭剤を併用することで、より効果的にエアコンのイヤなニオイを解消することができます。

ハル・インダストリの消臭剤で真無臭を試してみませんか。

この記事をシェアする