ハルタイムズ

ニオイの総合コンサルタント
ハル・インダストリ|ニオイの情報ブログ

公開日:2024.01.30 / 最終更新日:2024.01.29

リチャードソンジリスのニオイ対策!効果的な消臭剤を紹介

リチャードソンジリスバナー画像

リチャードソンジリスは、ペットとして人気の小動物です。
愛くるしい姿と人懐っこい性格で、多くの人に親しまれています。

しかし、リチャードソンジリスは、他の小動物と比べてニオイが強いというデメリットがあります。
そのため、飼育の際には、ニオイ対策が欠かせません。
リチャードソンジリスの主なニオイの原因は、排泄物です。
排泄物は、当然ながらニオイの原因となります。
リチャードソンジリスは、1日に何度も排泄するため、こまめな掃除が必要です。

そこで今回は、リチャードソンジリスのニオイ対策として、効果的な消臭剤を紹介します。

リチャードソンジリスのニオイの原因とは?

リチャードソンジリス画像

リチャードソンジリスは体臭がほとんどありませんが、トイレを覚える個体は少なく、ケージの中は排泄物で汚れてしまいます。
排泄物が残っていると、アンモニア臭が発生します。

リチャードソンジリスとはどのような動物?

リチャードソンジリスとは、哺乳網ネズミ目(齧歯目)リス科に分類されるリスの一種で、見た目が小型のプレーリードッグのような可愛らしい動物です。

[特徴]
・体重はおよそ120~745g、体長はおよそ30㎝前後
・エサをためるための頬袋がある
・警戒するとしっぽを振って威嚇することから「フリッカーテール」という別名もある
・短い草の生えた平原に生息し、昼行性で地下の巣穴で生活する
・リスのように高い木に登ったりはしない
・草食性だが昆虫を食べることもある

[生態]
リチャードソンジリスは、昼行性で、朝から夕方まで活動します。
地下に掘った巣穴を住処とし、冬眠します。

食性は草食性ですが、昆虫も食べることがあります。
主なエサは、イネ科の草や種子、木の実、根菜類などです。

[繁殖]
繁殖は春から夏にかけてで、1回の出産で7〜8匹の子供を産みます。
子供は生後約1か月で巣穴から離れ、独立します。

リチャードソンジリスは臭う?

リチャードソンジリスは、体臭自体はほとんどありません。
体調が悪いときに体臭を出すため、健康であれば臭うことはありません。

リチャードソンジリスは、トイレを覚える個体もいますが、基本は覚えません。
そのため、ケージの中は排泄物で汚れています。
排泄物が残っていると、アンモニアなどの悪臭が発生します。
悪臭は飼い主だけでなく、リチャードソンジリス自身にもストレスを与えてしまうことも・・・。
そのため、排泄物はこまめに取り除くことが大切です。

リチャードソンジリスのニオイの原因

リチャードソンジリス画像

リチャードソンジリスの主なニオイの原因は、 排泄物床材への染み込みエサのニオイです。
こまめな掃除をすることで、ニオイを防ぐことができます。

排泄物の未処理のニオイ

リチャードソンジリスの排泄物をケージ内に放置すると、その未処理の排泄物から嫌なニオイが発生します。
ケージ内のこまめな掃除が必要で、排泄物を放置せず取り除くことが重要です。

床材のニオイ

ケージの床材に排泄物にニオイが染み込むことがあります。
とくに、エサの食べ残しが床材に染み込むと、不快なニオイが発生します。
定期的な床材の交換や掃除が必要です。
エサの食べ残しにも気を配り、こまめに掃除することで床材のニオイを軽減 できます。

発情期のニオイ

リチャードソンジリスは冬から春にかけての発情期が基本ですが、夏の場合もあります。
発情期にはオスの排泄物のニオイが強くなり、1週間程度続きます。
発情期を過ぎれば、通常の状態に戻ります。
発情期には注意が必要で、 ケージの掃除や健康チェックが重要です。

エサのニオイ

リチャードソンジリスの主食はチモシーです。このチモシーの香りは苦手な人にとっては臭いと感じることがあります。
また、副食として与える野菜などの食べ残しもニオイの原因となります。
エサの管理に気を遣い、与えるものは適量に制限し、食べ残しを早めに取り除くことで、エサのニオイを軽減させることができます。

リチャードソンジリスのニオイの対策方法

リチャードソンジリスのニオイ対策は、ケージの掃除やこまめな手入れが重要です。
それでもニオイが気になる場合は、脱臭機や消臭剤を活用しましょう。

飼育場所の衛生管理をする

飼育場所の衛生管理は、リチャードソンジリスの健康と快適な生活に重要です。
以下は、そのためのいくつかのポイントです。

1.排泄物をこまめに取り除く
ペットのケージ内の排泄物は定期的に取り除くことが重要です。
毎日掃除を行い、寝床周りを清潔に保ちましょう。

2.ケージの掃除をする
定期的なケージ全体の掃除も重要です、
床材やおもちゃなどを取り外して、ケージ全体を清潔に保つように心がけましょう。

3.床材を定期的に取り替える
ケージの床材は時間の経過とともに劣化し、ニオイの原因となることがあります。
定期的に床材を取り替えることで、快適で清潔な環境を提供することができます。

脱臭機を利用する

脱臭機を利用することで、リチャードソンジリスの飼育環境を快適に保つことができます。
同時に、家庭内の空気も清浄に保つことができ、ペットとの暮らしをより良いものにすることができます。
適切な脱臭機の導入を検討してみてください。

消臭剤を利用する

部屋のニオイ消臭スプレ

リチャードソンジリスの飼育環境において、消臭剤の効果的な利用は重要です。
ケージ周辺に置く消臭剤や状況に応じて利用する消臭スプレーなど、適切な対策を講じることで快適な空間を保つことができます。

消臭剤をケージ周辺に置くことで、リチャードソンジリスのケージ内の不快なニオイを軽減することができます。

排泄物のニオイが部屋に充満している場合は、消臭スプレーを活用しましょう。
スプレーは即効性があり、瞬時に不快なニオイを抑えることができます。
ただし、持続性はないため、定期的な使用よりも緊急の対応に向いています。

リチャードソンジリスのニオイを未然に防ぐ方法

リチャードソンジリスのニオイを未然に防ぐには、常に部屋の換気をすること、消臭剤の活用がおすすめ。
消臭剤は、ペットに安全なものを使用するようにしましょう。

リチャードソンジリスの飼育部屋の換気

毎日朝晩など、定期的にリチャードソンジリスの飼育部屋の空気の入れ替えをしましょう。
換気扇があれば、常に回しておくと、ニオイを軽減させることができます。

排泄物の処理をする際にも窓を空けてから、処理をするようにしましょう。
ニオイに気がついた時点で換気をすることにより、カーテンなどにニオイが染み込むことが防げます。

消臭剤を置いてニオイを防ぐ

置き型消臭剤

消臭剤を置いてニオイを防ぐには、置き場所に配慮するようにしましょう。
消臭剤はリチャードソンジリスのケージのところに1つ、風の通り道に1つなど複数個所に置くことでより効果を発揮します。

消臭剤の減り具合を常に管理して切らさないようにしましょう。
リチャードソンジリスに安全な自然由来の成分のもの、香りでごまかさない無香料タイプがおすすめ。

快適な飼育環境を手に入れよう

玄関に置いたエアソフィアベース

リチャードソンジリスのニオイ対策には、効果的な消臭剤が役立ちます。

定期的な掃除を組み合わせることで、持続的な効果が期待できます。
また、排泄物のニオイが気になる場合は、消臭スプレーが有効です。
即効性があり、瞬時にニオイを軽減させることができます。

ハル・インダストリの消臭剤は100%植物由来。安心・安全にニオイを元から無臭化します。
ペットイベントの会場を消臭することもあり高い消臭力と安心性から主催者様だけでなくご来場者様からご評価をいただいています。

消臭剤を利用することで、リチャードソンジリスの飼育環境を快適に保ち、ペットの共生をより良いものにすることができます。

ハル・インダストリの消臭剤を活用して、リチャードソンジリスも快適に過ごせる真無臭空間を作りましょう。

この記事をシェアする