ハルタイムズ

ニオイの総合コンサルタント
ハル・インダストリ|ニオイの情報ブログ

公開日:2024.02.27 / 最終更新日:2024.03.05

古い家の押し入れが臭う?ニオイの原因とカビ臭を消す方法とは?

長年住み慣れた家では、押し入れのニオイが気になることがあります。
押し入れのニオイの原因は、湿気や汚れです。
とくに古い家は、湿気が溜まりやすくカビが発生しやすい環境です。
カビ臭い押し入れは、衣類や布団にニオイが移ってしまうだけでなく、健康被害にもつながる可能性があります。
カビを除去し、湿気を取り除くなど掃除をすることで、カビ臭を抑えることができます。
また、消臭剤の活用も効果的です。

そこで今回は、古い家の押し入れが臭う原因と、カビ臭を消す方法についてご紹介します。
押し入れのニオイに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

押し入れのニオイの原因は?

押し入れのニオイは、カビ、湿気、ホコリ、ダニなどが原因。
対策としては、掃除、換気、除湿、防虫などでニオイを抑えることができます。

湿気

押し入れのニオイの原因は、湿気、カビ、ホコリ、ダニなどです。
押し入れは、密封された空間であるため、湿気が溜まりやすく、カビやダニが繁殖しやすい環境。
これらのカビやダニは、押し入れのニオイの原因となるだけでなく、健康被害を引き起こす可能性も・・・。
押し入れのニオイは、湿気対策とカビ・ダニ対策を徹底することで改善できます。

汚れやニオイ

押し入れは、衣類や寝具などのさまざまな物が収納されているため、汚れやニオイが付着しやすい場所です。
衣類の汚れや、食べ物の残りカス、ペットの毛、タバコの煙、化学物質がニオイの原因となります。
汚れやニオイは、カビやダニの繁殖の原因に。
押し入れのニオイや汚れは、 日々の掃除や換気によって防ぐことができます。
また、収納物を整理し、除湿器を使うことも効果的です。

カビ臭の原因は?

カビ臭の主な原因は、カビの繁殖によるものです。
カビは、湿気の多い場所、栄養となるものがある場所、風通しが悪い場所に発生します。

カビの繁殖

押し入れから漂ってくるカビ臭さ。
カビ臭い押し入れは、カビが繁殖している証拠です。湿気と栄養があれば、カビは繁殖してしまいます。

空気の流れがない

季節外れの衣類や布団などの寝具といった普段使わない物を収納する押し入れは、押し入れを開ける頻度が低く、密封された空間になりがちです。
そのため、空気の流れがなく、湿気がこもりやすくなる可能性も。
湿気はカビにとって最適な環境であり、繁殖しやすくなります。
押し入れは、定期的に換気し、湿気対策をすることで、カビ臭さを防ぐことができます。
また、収納物を詰め込みすぎず、空気の流れをよくすることも重要です。

押し入れのニオイを消す方法

消臭剤画像

押し入れのニオイは、原因によって対策が異なりますが、カビ臭い場合は、掃除、換気、除湿、消臭剤などが有効です。
押し入れは清潔な状態を保ち、定期的に換気を行うことが重要です。

掃除

押し入れの掃除方法は、以下の通りです。

1.押し入れの中のものをすべて取り出す
2.押し入れの壁や床、天井を掃除機でホコリ、ゴミを吸い取る
3.雑巾で水拭きして、乾いたら押し入れの中のものをすべて戻す

消臭剤

押し入れのニオイは、カビ、湿気、ホコリ、ダニなどさまざまな原因で発生。
消臭剤は、これらのニオイを消し、快適な空間を保つのに役立ちます。
消臭剤には、市販の消臭剤や、自家製の消臭剤などがあります。

市販の消臭剤には、置き型、吊り下げタイプなどさまざまな種類があります。
押し入れの広さに合わせて消臭剤の量を調整するようにしましょう。

自家製の消臭剤は、重曹、茶葉、コーヒー豆、竹炭など身近な材料で簡単に作ることができます。
重曹は、湿気を取り除き、ニオイを消す効果があります。

消臭剤を使う際は、押し入れの物をすべて取り出し、掃除をしてから使用しましょう。
市販の消臭剤と自家製の消臭剤をそれぞれの特徴を理解した上で、用途に合わせて使い分けることで、快適な押し入れ環境を維持することができます。

除湿剤の使用

湿気はカビの繁殖を促進し、ニオイの原因となります。
そのため、除湿はニオイ対策に効果的です。
除湿剤にも、市販の除湿剤、自家製の除湿剤があります。
市販の除湿剤を使用する場合は、押し入れの広さに合わせて数か所に置くようにしましょう。
自家製の除湿剤には、塩、米、新聞紙があります。
新聞紙は、湿気を取り除き、ニオイを吸収する効果もあります。

除湿剤は、湿気を吸収する効果はありますが、ニオイの原因の根本的な解決にはなりません。
換気扇や除湿器などを併用し、押し入れの湿度を下げましょう。

カビ臭を消す方法

押し入れ消臭剤画像

カビ臭を消す方法は以下の5つです。

・カビを除去する
・カビの除去方法
・消臭剤を使用する
・換気する
・除湿剤を使用する

カビを除去する

カビ臭を予防するためには、まずカビの発生源を断つことが重要です。
カビは、水分と栄養があれば繁殖します。
カビは健康被害を引き起こす可能性があるため、早めに除去することが大切です。
カビを除去する際は、カビの胞子を吸い込まないよう、マスクと手袋を着用し行いましょう。

カビの除去方法(カビ取り剤・クエン酸水)

1.押し入れの中の物をすべて取り出す
2.掃除機でホコリやゴミを取り除く
3.カビが発生している場所にカビ取り剤を吹き付け、しばらく放置する
4.その後、雑巾でカビを拭き取る(拭き取る際は、まわりにカビが飛び散らないように注意する)
5.押し入れが完全に乾いたら、中にあった物を戻す。

上記3.でクエン酸水を使用に変更しても良い。
クエン酸水は、水200mlにクエン酸小さじ1を溶かして作り、乾いたタオルにクエン酸水を含ませてカビを拭き取る

※カビがひどい場合は、専門業者に依頼すること

消臭剤を使用する

消臭剤画像

カビを除去した後も、カビ臭さが残っている場合は、消臭剤を使用して徹底的に消臭しましょう。
市販の消臭剤の場合は、カビに効果的な消臭剤を選ぶようにしましょう。
カビ臭が気になる場合は、押し入れに何も入っていない状態で押し入れ全体に消臭スプレーをしてください。
また、押し入れの隅や壁に消臭剤を設置することも効果的 です。
適切な消臭剤を選び、効果的に使用しましょう。

換気する

カビを除去した後も、カビ臭を予防するために、定期的な換気が重要です。
カビは湿気の高い場所を好むため、換気によって湿度を下げ、カビの繁殖を抑制できます。
窓やドアを開放し、部屋の空気を入れ替えましょう。
押し入れに向けて、扇風機やサーキュレーターをまわして効率よく循環させることも効果的です。
換気は、カビ臭さ予防だけでなく、健康にも良い効果があります。
毎日こまめに換気を行い、快適な押し入れを維持しましょう。

除湿剤を使用する

カビは湿度の高い場所を好むため、除湿剤を使って湿度を下げることで、カビ臭さを予防することができます。
部屋や押し入れの広さに合わせて、適切な量の除湿剤を使用しましょう。

重曹を使用する

重曹は、カビ臭さやニオイを消し、湿気を取り除く効果があります。
料理にも使えるため、小さなお子様がいるご家庭でも安心です。
重曹をフタの無い容器に入れ、ガーゼのような通気の良い布をかぶせて、ゴムや紐、リボンを結んで押し入れに入れておくと除湿効果があります。
効果がなくなってきたら、交換するようにしましょう。

カビ臭さ、ハルの消臭剤で徹底解決

押し入れ消臭剤

カビ臭い押し入れは、カビの発生源を断ち、清潔な状態を保つことが重要です。
カビを除去する方法はいくつかありますが、消臭剤の使用がオススメです。

ハルの消臭剤は、天然素材で安心・安全です。
無香料なので、他のニオイと混ざることなく使用することができます。

ハルの消臭剤は、カビ臭さだけでなく、さまざまなニオイを消臭することができます。
押し入れの快適な空間を維持するために、ぜひお試しください。

ハルの消臭剤を使い、真無臭を体感してみてください。

この記事をシェアする